無料メルマガ

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

 カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 最新記事

 最新トラックバック

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

トシ日記 (751)
ライブ (42)
ギターレッスン (8)
フラメンコ雑想 (0)
動画 (11)
コラム (12)
新作CD関連 (3)
女性のためのギターレッスン (2)


 ライブ情報

2012年もライブやります!詳細は後日お知らせしますね。


title.gif
フラメンコチャリティーCD「Oracion(オラシオン)~祈り」
CD詳細&ご注文ホームページはこちら


オリジナル曲「そよ風」と「熱風街道」がラジオ関西・採用曲に選ばれました。毎日流れてます!(2010/9)       ⇒ CD情報はこちらから

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
【はじめて伴奏したときのこと】パート3完結編
第1回目はこちら

第2回目はこちら


踊りの伴奏が出来ずに途方に暮れていた頃、
ある先輩ギタリストからアドバイスをもらいました。

「とにかくだまされたと思って、丸々1曲コピーしてごらん」


そう、悩んでいても始まらない。
友人から借りたCDやビデオなど
練習材料はたくさんあるので、
まずは、目標とする曲を
まるまる1曲コピーすることから始めました。


楽譜を使わず、目と耳でコピーするのは
まだ慣れてなかったので、
とても根気のいる作業でした。


「1コンパス弾いたら歌が始まって・・・」
「唄のコード進行はこういう弾き方で・・・」
「足の部分はこやって弾くのか。。。」

弾き方もビデオを見ながら
何度も何度も見て
少しずつコピーしていきました。

どうしても分らない部分
(唄の長さが変わる曲など)
は友人に聞いたりして、
少しずつネタを増やしていきました。

1拍ずつ分解してコピーしていく、
それは地道な作業でした。


しかし、今思うとそれがとてもよかったんですね。


今でも、伴奏の基本は、
(特に未知のものと接したときの対処法)
そのときに学んだものが多いですし、
何より、自分に足りなかった
「根気」と「忍耐力」がついた気がします。
(いや、まだ足りないか・・・(笑))

そうして、

「一人で練習する」、
「踊りと合わせる」

という作業を重ねていきました。


その後、秋の文化祭で
演奏させてもらうチャンスが訪れました。


それからは戦いの連続でした。
(おおげさかな?)

必死に曲を覚え、
コード進行を覚え、
構成を覚え、
細かい決め事を踊り手と
合わせて行ったりしました。

結局、大学4年生の時には、
ゼミや卒業論文そっちのけで、
他の大学に行く時間が長かったのです(笑)


みんなと合わせる練習はとにかく楽しかったです。

学生らしくノリノリの曲やおふざけの部分もあったり、
時には意見が合わずケンカしたり仲良くなったり・・・。

その後は飲みに行ったり、
友人の家に泊まって朝まで語ったりして、
まさに青春そのものだったなぁ。

そうして向かえた本番、
ガタガタで緊張しながら
次々と曲を弾いて行きました。

最後までなんとか弾ききりました!(o;TωT)o

みんなでひとつの舞台を作り上げる感動。
打ち上げではみんな泣いてました。
あの光景は忘れられません。


その後も、何度かライブやイベントに呼んでもらい、
そのたびにいろいろ勉強になりました。


人は不思議なもので、
決まりきった弾き方に慣れてくると、
今度は遊びたくなってくるんですね。

「ここのコンパスを少し違うリズムで弾いてみよう」とか
「こうしたら面白いかな?」とか。

ここで出てくるのが「欲」です。

一般的に「欲」と言うとマイナスのイメージが強いのですが、
僕が思うに、人を成長させるためのいいエネルギーだと思うのです。

「もっとカッコよく弾こう!」
「もっと良く見せたい!」

調子に乗るとコンパスから外れてしまい、
自分が今どこにいるのかが
分らなくなってしまうという・・・(^◇^ ;)


伴奏とは自分の欲との戦いなんですね(笑)


そのたびに怒られたり、イヤな顔をされたり、
泣かれたこともありました・・・。

そのときは歯がゆくて悔しい思いをしたのですが、
そんな経験を積み重ねていき、
少しずつ伴奏が見えてくるようになると同時に、
自分の進むべき道も次第に決まってきたような
気がしました。


卒論を気合で書き上げ、
大学を無事卒業できた(笑)池川少年は、
その後も学生フラメンコサークルに出入りし
交流を深めていきました。


そして、その年の冬にスペインに行き、
また新たな物語が始まるのですが、
それはまた別のお話。




おしまい。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

 ようこそ!

↓ はじめてここを訪れた方へ ↓

フラメンコ解説サイト


無料メールマガジン
【明けても暮れてもフラメンコ】

メルマガのみの連載など、多彩なコンテンツを毎週提供しています。


↓ フラメンコに触れてみよう! ↓

フラメンコギターデュオ池川兄弟

ライブ情報、CD案内など


↓ ギターを弾いてみたい! ↓

フラメンコギター
レッスン教室案内



女性のためのギター講座

踊って歌ってギターも弾いて!
無料オンラインギター講座



↓ フラメンコの歴史と魅力 ↓


フラメンコの歴史と魅力を解説

 リンク

 高齢者のためのフラメンコ

 フォーム

管理画面

 RSSリンクの表示

 検索フォーム


copyright 2005-2007 Flamenco Guitar 池川寿一 Ikegawa Toshikazu Blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。