無料メルマガ

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

 カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 最新記事

 最新トラックバック

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

トシ日記 (751)
ライブ (42)
ギターレッスン (8)
フラメンコ雑想 (0)
動画 (11)
コラム (12)
新作CD関連 (3)
女性のためのギターレッスン (2)


 ライブ情報

2012年もライブやります!詳細は後日お知らせしますね。


title.gif
フラメンコチャリティーCD「Oracion(オラシオン)~祈り」
CD詳細&ご注文ホームページはこちら


オリジナル曲「そよ風」と「熱風街道」がラジオ関西・採用曲に選ばれました。毎日流れてます!(2010/9)       ⇒ CD情報はこちらから

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
はじめて伴奏したときのこと
今日は僕が伴奏をし始めた頃の
話をしたいと思います。

僕が伴奏を始めたのは
21歳の頃でした。

当時僕は大学4年生で、
周りが就職活動やら
卒業論文やら何やらで
何かと騒がしい時期でした。

「このまま、周りと同じように
 就職をするのかな~?」

「でもなんかイメージないなー」

と、青春のお決まりのごとく、
悩みに悩んでいた若き頃でした。

そんな中、
たまたまインターネットで見つけたのが、

「全国学生フラメンコ連盟」
(通称:フレスポン)

の存在でした。

関東・関西中心の大学の
フラメンコサークルが集まった団体で、
年に2回ほど、東京と千葉の館山で
公演を行っているというのです。

僕はラテン歌手の父親のすすめで
6歳の時にフラメンコギターを
始めてはいたのですが、
周りを見回しても、
フラメンコを楽しんでいる仲間はいませんでした。
(そりゃそうか・・・)

「自分と同じ年ぐらいの仲間がいるのか!?」
と初めは半信半疑でしたが、
早速メールで連絡を取り、
当時の代表の方から
お返事を頂くことができました。


恥ずかしながら僕の大学時代は、
あまり学生らしい生活
(スポーツをしたり、マージャンしたり、合コンしたり(笑))を
してこなかったので、
こうした他大学の交流というのは
内心ドキドキだったのですが、
実際行ってみると、

「待ってました!」

といわんばかりの
歓迎ぶりだったのです(笑)

というのも、
当時のフラメンコ事情は
(今でもそうですけど)
踊りは多くてもギターを弾いてる人は
本当に少なかったんですね。

そんな中、
珍しいフラメンコギター弾きの
僕が行ったのですから、
興味を持ってくれるのも頷けると思います。

そうして、いくつかの大学の
フラメンコサークルを渡り歩いた中で、
一つ年下のギター弾きの男の子と仲良くなりました。

その時は初対面ながらも意気投合して、
いきなり彼の家に泊まりに行きました。
(後にも先にもこんな経験は初めてでした)

彼の家で飲みながら、
いろいろギターの話をしたり、
将来の話をしたり、
若者らしく青春の悩みを話したりして、
とにかく楽しかった記憶があります。

明け方近くになり、
気分転換に近くの公園へ行くと、
彼がこんなことを言ったんです。

「池川さん、世の中にはいろんな種類のギタリストがいますが、
 メシを食っていけるのは、フラメンコギターだけなんスよ、なんでだと思います?」

???

いきなり何を言うんだ?

と思いながらも、答えられずにいると、
彼から意外な答えが返ってきたんです。


「踊りの伴奏っていう仕事があるからですよ」


今まで、「ギターでメシを食いたいなー」という漠然とした夢でしか
将来を考えられていなかったのですが、
その瞬間、

「まずは踊りの伴奏をできるようになれば、いいんだ!」

という一筋の光のようなものが見えたんです。

もちろん、踊りの伴奏というのも簡単なものではなく、
大変な技術が必要なのですが、
それでも、「ギターでメシを食う!」という漠然とした夢に
一筋の光が見えた思いがしたのでした。

あの時の気持ちは一生忘れられません。

こうして、まずは踊りの伴奏を
学ぶことにしたのです。

しかし、これがまた
長い長い苦難の道のりの
始まりに過ぎなかったのです・・・。




【第2回目】を読む

Pepa
フラメンコ(踊り)をやっている人たちって、怖い…というか、すごい勢いで頑張ってる人が多い気がします。

私は、音楽も楽しみながら、楽しく踊りたいので、今後、何処に進んで行けばいいのだろう、と、よく悩みます。

ギタリストさんの世界はそんな事ないですか?
2010/01/20(水) 17:01:57 | URL | [ 編集]
あに
>Pepaさん
カキコミありがとうございます。
そうですね、フラメンコに限らず
芸事に向かう姿勢というのは
人それぞれだと思います。

楽しいから努力が足りないのか?とか
苦しみが足りないから成長できないのか?とか
決してそんなことは泣く、
大切なのは、
自分達がしていることに
納得できるかどうか?だと思います。

それが出来ていれば、
周りが何をしようが
あまり気にならなくなると思いますよ(^^)

2010/01/20(水) 23:33:25 | URL | [ 編集]
Pepa
あに さま

コメント、ありがとうございました(^^♪
「大切なのは、自分達がしていることに納得できるかどうか」
…その通りだなぁ、と思いました。
それがまた難しいのですけど、そうありたい、と思います。
自分のペースで、楽しみながら頑張ることにします(^^)

2010/01/31(日) 16:49:25 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

 ようこそ!

↓ はじめてここを訪れた方へ ↓

フラメンコ解説サイト


無料メールマガジン
【明けても暮れてもフラメンコ】

メルマガのみの連載など、多彩なコンテンツを毎週提供しています。


↓ フラメンコに触れてみよう! ↓

フラメンコギターデュオ池川兄弟

ライブ情報、CD案内など


↓ ギターを弾いてみたい! ↓

フラメンコギター
レッスン教室案内



女性のためのギター講座

踊って歌ってギターも弾いて!
無料オンラインギター講座



↓ フラメンコの歴史と魅力 ↓


フラメンコの歴史と魅力を解説

 リンク

 高齢者のためのフラメンコ

 フォーム

管理画面

 RSSリンクの表示

 検索フォーム


copyright 2005-2007 Flamenco Guitar 池川寿一 Ikegawa Toshikazu Blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。