無料メルマガ

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

 カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 最新記事

 最新トラックバック

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

トシ日記 (751)
ライブ (42)
ギターレッスン (8)
フラメンコ雑想 (0)
動画 (11)
コラム (12)
新作CD関連 (3)
女性のためのギターレッスン (2)


 ライブ情報

2012年もライブやります!詳細は後日お知らせしますね。


title.gif
フラメンコチャリティーCD「Oracion(オラシオン)~祈り」
CD詳細&ご注文ホームページはこちら


オリジナル曲「そよ風」と「熱風街道」がラジオ関西・採用曲に選ばれました。毎日流れてます!(2010/9)       ⇒ CD情報はこちらから

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
浦島太郎の話 その2
浦島太郎の話の続きです。


そもそも、この浦島太郎の話を思い出したのは、

ふと自分の過去を振り返ったとき、

時が流れるのは早いなぁ~、

と思うようになったからだ。

まさに浦島太郎状態。



思うに浦島太郎が亀を助け、

竜宮城へ行ったのは、

20代か30代の元気旺盛な頃だと思う。

それが帰ってきたら、

故郷が一変、

見ず知らずの土地になってしまい、

自分を知っている者はひとりもおらず、

途方にくれてしまう。

寂しさのあまり、

玉手箱を開けて、

おじいちゃんになってしまうわけだが、

もし仮に、

浦島太郎が

過去を振り返らず、

懐かしんだりせずに、

今ある環境を受け止め、

生きて行こうと決意したならどうだろう?

きっと玉手箱を開けずに、

元気旺盛なままでいたのかもしれない。


つまり、

浦島太郎の話で言いたいことは、

「あのときこうすればよかった」などと後悔したり、

「昔はよかった」などと過去に固執したりせず、

「今を精一杯生きなさい」

ということではないだろうか?

過去に執着せず、

未来に向け、

今を生きる。

それこそが浦島太郎の話でに込められている

メッセージなのではないだろうか?


・・・以上、僕なりの勝手な解釈でした!

いかがだったでしょうか?

みなさまのご意見求ム(笑)

マイP
年々一年が早くなります^^;
一生懸命今を生きなきゃいけない☆欲を出してはいけない..忠告がたくさん秘められているんでしょうね☆
子供の時にはへぇ~と言う感じの物語で聞いてましたが大人になってみると意味深い事が解ってくるものですね~~^^;
2009/05/15(金) 08:10:13 | URL | [ 編集]
mari
さすがとしくんらしい回答ですね^^同感です^^実際周りの諸先輩方を見ていても、今を精いっぱい生きて人生を楽しんでいる人たちは、輝いていて若々しい!実際年齢不詳な人が沢山います^^そういう人生歩みたいと思いますね^^
で、
あとは、社会学的見解につては、話すと長くなりますがご了承くださいね^^;あくまでも、全体のお話についてのメッセージ性ではなく、なぜそういう物語の構造につながるかという、日本的風習の教育的見方(性教育的ともいえます)なので、ちょっと視点が変わってきますよ~。いやらしい視点で解釈しないように注意してください。
まず、
いじめられている亀さん。
 これはいわゆる男性の性器を表現していると言われています。
亀をいじめている子どもたち。 
 これは、世間体を表現します。
つまり、昼間はみんな汗水たらして働くもので、昼間からそういうものを露にするな。という表現です。

そこに現れた浦島太郎君。
亀を助ける。
 これは、性の解放と言われています。

では竜宮城は?これは女性の子宮と表現されます。

竜宮城の御姫様は何者?
 昔、稲作文化の日本では、雨乞いと豊作を祈願してある儀式が行われていました。(現在は、各地に残る七夕の頃のお祭りです)それは、雨と豊作の神様である龍神様に生贄として処女の女の子を捧げるというものでした。実際行われていました。これは、龍神様と人間の処女の女の子と結婚させるという意味があったようです。
いまで言う外交みたいなもの?
実際私の田舎でも各地に言い伝えは今も存在します。
化女沼(けじょぬま)という沼が有名です。
龍神様は毎年七夕の結婚儀式で家を空けるのです。
つまり、竜宮城の御姫様は生贄となり龍神様の奥様となった女の子だったのです。

で、浦島太郎君は龍神様が新たな結婚式に出かけている間に竜宮城へ招かれました。
そこで行われていたのも性の解放だと言われています。

日本では、性=俗 と解釈されがちです。これは、この時代に生きた人たちの勤勉さや風習、生き方などから来ているのかも知れませんね。宗教学では、性=新たな育み・聖なる営み と解釈されて決していやらしいものではありません。実際、日本の稲作で行われる「種付け」作業は男性の仕事、「田植え作業は」女の仕事と昔は分担され、いわゆる育み工程はすべてに通じていたんですよ~。
これは、真剣に大学の社会学で受けた授業の一部です。
その他、なぜ日本の童話に出てくる子供はみんな小さいのか(例えば、かぐや姫や一寸法師)とか、各地に伝わる子守唄、姥捨て山、子捨川(←今もその名前のまま残っているところは各地にあります)・・・日本の歩んできた歴史が少しだけ覗けるのが童話なんですよ。
全体的解釈とミクロ的解釈、多方面で勉強されると面白いと思います~^^
長々と失礼いたしました~
2009/05/15(金) 11:58:37 | URL | [ 編集]
マイP
mariさん、ありがとうございましたm--m
楽しく拝見させていただきました。
日本の文化を童話にするなんて、なんかしゃれてますよね^v^コケシの人形も子を消すという意味があると聞いたことがあります。社会学なんかおもしろいですね♪
図書館などで見てみたいと思います♪
2009/05/15(金) 14:18:32 | URL | [ 編集]
池川兄
皆様、書き込みありがとうございます~!
社会学、恐るべし!!
とても勉強になります!

いろいろな解釈があっていいと思うので、
お楽しみいただければ幸いです(^^)
2009/05/15(金) 20:45:30 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

 ようこそ!

↓ はじめてここを訪れた方へ ↓

フラメンコ解説サイト


無料メールマガジン
【明けても暮れてもフラメンコ】

メルマガのみの連載など、多彩なコンテンツを毎週提供しています。


↓ フラメンコに触れてみよう! ↓

フラメンコギターデュオ池川兄弟

ライブ情報、CD案内など


↓ ギターを弾いてみたい! ↓

フラメンコギター
レッスン教室案内



女性のためのギター講座

踊って歌ってギターも弾いて!
無料オンラインギター講座



↓ フラメンコの歴史と魅力 ↓


フラメンコの歴史と魅力を解説

 リンク

 高齢者のためのフラメンコ

 フォーム

管理画面

 RSSリンクの表示

 検索フォーム


copyright 2005-2007 Flamenco Guitar 池川寿一 Ikegawa Toshikazu Blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。