無料メルマガ

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

 カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 最新記事

 最新トラックバック

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

トシ日記 (751)
ライブ (42)
ギターレッスン (8)
フラメンコ雑想 (0)
動画 (11)
コラム (12)
新作CD関連 (3)
女性のためのギターレッスン (2)


 ライブ情報

2012年もライブやります!詳細は後日お知らせしますね。


title.gif
フラメンコチャリティーCD「Oracion(オラシオン)~祈り」
CD詳細&ご注文ホームページはこちら


オリジナル曲「そよ風」と「熱風街道」がラジオ関西・採用曲に選ばれました。毎日流れてます!(2010/9)       ⇒ CD情報はこちらから

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
セラニート
赤坂・草月ホールにて、

フラメンコ界の巨匠セラニートと、

沖仁さんのコンサートを観にいく。


セラニートは、僕もマドリッドへいたときに

少しだけ習うことが出来た。

ギターを持つ以外は

普通のおじさん(失礼!)といった感じで、

とても気さくでいい人だった。

でもギターを持つと乗り移ったような

目や雰囲気になる。

そのギャップがすごかった記憶がある。


サビーカス、ニーニョ・リカルドの後、

パコ・デ・ルシア、

マノロ・サンルーカルと共に、

フラメンコ革命者として、

道なき道を作り、

よりフラメンコの裾野を広げた人だ。


それにしてもトークの中で、

独学でギターをマスターした

という話を聴いてびっくり。

あの独特の運指は

そこから来ていたのか。


深い音、哲学的な精神世界。

若い沖氏といい意味で、

対照的でよかった。


もう一人の功労者、

作家・逢坂剛氏のMCもよかった!

彼のおかげで、

より親近感のある舞台が

出来たのではないか!


世の中にはいろいろな形の巨匠がいるものだ。











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

 ようこそ!

↓ はじめてここを訪れた方へ ↓

フラメンコ解説サイト


無料メールマガジン
【明けても暮れてもフラメンコ】

メルマガのみの連載など、多彩なコンテンツを毎週提供しています。


↓ フラメンコに触れてみよう! ↓

フラメンコギターデュオ池川兄弟

ライブ情報、CD案内など


↓ ギターを弾いてみたい! ↓

フラメンコギター
レッスン教室案内



女性のためのギター講座

踊って歌ってギターも弾いて!
無料オンラインギター講座



↓ フラメンコの歴史と魅力 ↓


フラメンコの歴史と魅力を解説

 リンク

 高齢者のためのフラメンコ

 フォーム

管理画面

 RSSリンクの表示

 検索フォーム


copyright 2005-2007 Flamenco Guitar 池川寿一 Ikegawa Toshikazu Blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。