無料メルマガ

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

 カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 最新記事

 最新トラックバック

 最新コメント

 月別アーカイブ

 カテゴリ

トシ日記 (751)
ライブ (42)
ギターレッスン (8)
フラメンコ雑想 (0)
動画 (11)
コラム (12)
新作CD関連 (3)
女性のためのギターレッスン (2)


 ライブ情報

2012年もライブやります!詳細は後日お知らせしますね。


title.gif
フラメンコチャリティーCD「Oracion(オラシオン)~祈り」
CD詳細&ご注文ホームページはこちら


オリジナル曲「そよ風」と「熱風街道」がラジオ関西・採用曲に選ばれました。毎日流れてます!(2010/9)       ⇒ CD情報はこちらから

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やさしいあじ
先日のライブでお客様から差し入れで、

お菓子をいただいた。

中を開けたらクリームパンだった。

cream.jpg

「八天堂」と呼ばれる広島県のメーカーで、
最近東京へ進出したようだ。

cream2.jpg
空けるとこんな感じ。


cream3.jpg

これはもう、パンというよりはスイーツ。

クリームがシュークリーム級。


なんともやさしい味だった。


機会があれば、ぜひご賞味あれ!
スポンサーサイト
セラニート
赤坂・草月ホールにて、

フラメンコ界の巨匠セラニートと、

沖仁さんのコンサートを観にいく。


セラニートは、僕もマドリッドへいたときに

少しだけ習うことが出来た。

ギターを持つ以外は

普通のおじさん(失礼!)といった感じで、

とても気さくでいい人だった。

でもギターを持つと乗り移ったような

目や雰囲気になる。

そのギャップがすごかった記憶がある。


サビーカス、ニーニョ・リカルドの後、

パコ・デ・ルシア、

マノロ・サンルーカルと共に、

フラメンコ革命者として、

道なき道を作り、

よりフラメンコの裾野を広げた人だ。


それにしてもトークの中で、

独学でギターをマスターした

という話を聴いてびっくり。

あの独特の運指は

そこから来ていたのか。


深い音、哲学的な精神世界。

若い沖氏といい意味で、

対照的でよかった。


もう一人の功労者、

作家・逢坂剛氏のMCもよかった!

彼のおかげで、

より親近感のある舞台が

出来たのではないか!


世の中にはいろいろな形の巨匠がいるものだ。

バイオリンと尺八と
町田市民ホールにて、

バイオリニスト、山内達哉君のコンサートに出演。

バイオリン、ピアノ、ベース、ドラム、尺八、ギターの編成。

素晴らしいメンバーとの、楽しいひと時。

1部は「世界の音楽」巡りがテーマで、

ドイツ、ベルギー、スペイン、アルゼンチン、日本を音楽で駆け巡る。

ギターソロも1曲弾いた。

WBC優勝祝い(笑)ということで、

オリジナル曲「兄弟JINGI」を演奏。

とても盛り上がった。


2部では和をモチーフにした

山内君のレパートリー満載で、

アンコール2曲も弾き、

あっという間のコンサートだった。


次回は7月に再び仲間たちと

恵比寿アートカフェ・フレンズでライブ予定。

とても楽しみだ。


ギター練習生のための交流会
ギターレッスンサイトの

写真を増やしました!

動画も撮ったのですが、

パソコンの調子がいまいち悪く、

まだパソコンの中で眠ったままです(笑)

近々アップします!



4月19日(日)17時~

赤坂にて、

ギター練習生のための交流会を開催予定!

楽しく語りましょう!

ご興味ある方はご連絡ください(^^)

フォアグラとフカヒレの茶碗蒸し
mikuni.jpg

四谷にある「オテル・ドゥ・ミクニ」にて、

パーティ演奏。

8年以上前、

僕がまだ大学在学中の頃から

呼んでいただいている。


初めての「オテル・ドゥ・ミクニ」

シェフの三國清三さんもいらして、

料理の説明をなさった。

とても気さくで、明るい方だった。


演奏後はその料理を堪能させていただいた。

1品目の

フォアグラとフカヒレの茶碗蒸し

が、風味豊かで

とてもおいしかった!

(もちろん全部美味しかったです(笑))

食後のデザート、

イチゴケーキ&チョコレートケーキ&ムース

も格別。

コーヒーとよく合う。


この日もCDをすべてお買い上げいただいた社長様に、

感謝の気持ちを込めて(笑)、

弾き語りで各会場を回った。

とても盛り上がった!


身も心も温かになった、

四谷の夜に乾杯。
中野の夜
春の雨の匂いがする中、

自由が丘のフラメンコ教室へ伴奏。


夜は久しぶりに、

ギター仲間と約1ヶ月半ぶりの飲み。

今回は中野へ。

やはり同業者との会話は

楽しいし、スリリングだ(笑)

フラメンコの話から、

ぜんぜん関係ない

私生活の話、

好きな映画の話、

恋愛感の話などなど、

終電ギリギリまで話した。


また会う約束をしつつ、解散。

友よ、また!笑顔
サムライ
日本優勝おめでとう!

特集をずっと見てて、感動した。

特にイチロー!

やってくれたぜ、アニキ。


麹町にてパーティでの演奏。

さまざまな業種の人間が集まる空間。

講演がとても興味深かった。


「侍ジャパン」じゃないけれど、

男として、

何かをやり遂げる、

というような生き方にあこがれる。


人々に感動を与えらえられるような

アーティストになるために、

今日も頑張ろう!

少しずつ
千駄ヶ谷へ行く用事があり、

天気がいいので公園を散策。

国立競技場では、

なにやら大会があるらしく、

ウォーミングアップをする高校生の姿が目立った。

ちょうど近くのカフェでランチをしようとしたら、

ちょうどワールド・ベースボール・クラシックの

中継をやって、

食べ終わる頃には

見事、アメリカを制していた。

コーヒーがより美味しかった。


最近、

ギターレッスンサイトを

充実させようと思案中。

写真や動画を増やし、

視覚的にもより楽しめるサイトにしたい。

そのための計画。

考えていると、

時間があっという間に過ぎる。

少しずつ、少しずつ。

あたらしいこと
すっかり季節も春めいてきた。

秋に向けてのメキシコ旅行に向け、

いろいろ調べた一日。

マリアッチが観れるレストランや、

行きたい遺跡など、

観光スポット探しに始まり、

国が縦に長いので、

飛行機移動が便利、

などなど、

いろいろ発見できた。


ギター生徒さんとの話で、

練習生同士の交流会を開こう

という話になった。

なるほど、楽しそう!

と思い、

近々開催予定。

春に向け、

やりたいこと、

新しいことに思いを馳せるのが

とても心地いい。

さあ、がんばるぞ!
ユリの花
先日の発表会にて、

出演者の方々から花束をいただいたのを

家で生けていたのだが、

その中のユリが花を咲かせた。

hana.jpg

花のある生活はとてもいい。

心休まる瞬間。
ナノなの
以前使っていたipod classicが

壊れてしまったので、

ipod nanoを買った。

nano.jpg


ipodがないと生きていけない身体なので、

壊れた瞬間に買ってしまった(笑)

動画をメインで見るので、

nanoだと画面が小さいか、

不安だったが、

とてもいい大きさだ。

容量が16GBなので、

油断するとすぐデータが埋まってしまうが、

しばらくは遊べそう。

これからが楽しみですkao03

体も心も
昨日、

「花より男子」

の話題を書いたら、

今日友人から、

おすすめ少女漫画を教えてくれた。


「天使なんかじゃない」(矢沢あい)
tenshi.jpg

泣ける、

ともっぱらの評判なので、

近いうちに読んでみたいと思う。

僕は、こうみえて

感動がり屋の泣き上戸なので、

とても楽しみだsn


今春に行われる

フラメンコ教室の発表会のリハーサル。

怒涛の7時間。

連日、連夜の仕事に、

さすがに「伴奏体力」がついてきたと思う。


何事も体が資本だ。

体も心も鍛えて、がんばろう!

花より男子
神尾葉子「花より男子」(はなよりだんご)

を読んだ。

『マーガレット』(集英社)で

1992年から2004年まで連載。

単行本全37巻。

前々から興味があったが、

たまたま読む機会があったので、

一読のつもりが、

見事にハマってしまった(笑)


一般庶民と大金持ちの

階級差の恋愛に、

熱読していたら、

気がついたら

3時間ぐらい経っていた。

キリがないので、

途中で断念したが、

続きが早く読みたい。


ジャンル問わず、

夢中にさせてくれるものが好きだ。

またそういうものを作れるようにもなりたいと思う。


ああ、続きが読みたい(笑)
当たり前
今年の目標に

「ブログを毎日更新する!」

というのがある。

1月は上旬に多少の不足があったが、

2月は完璧!

今月もこの調子で行けば大丈夫だろう。


毎日の習慣にできてよかった。

これが当たり前になってくると、

今度は書かなくなるのが怖くなるから

不思議なものだ。

ようするに行為自体が

「当たり前」になればいいだけの話だ。

歯を磨くように。


スペイン語が話せるのも当たり前。

ギターがうまいのも当たり前。

おしゃべりがうまいのも当たり前。

オシャレなのが当たり前。


・・・そんな人間になりたい(笑)

選択の連続こそ
朝起きると、

腕の疲労がまだあったので、

午前中はゆっくり休んでいた。


踊りの伴奏のことに思いを巡らす。


ギタリストは、同時に舞台監督でもある。

その状況を瞬時に察知して、

全体のバランスを読みながら、

最善の方向へと導く。

伴奏とはすなわち、

瞬間、瞬間の「選択」

といってもいいかもしれない。


僕は「選択の連続」こそが、

フラメンコの即興性を形作るものだと思っている。

まさにギタリストの腕の見せ所。

それを支えるのは、

テクニックであり、

センス。

常に磨かれているべきもの。


・・・などと考えているうちに、

出かける時間だ。

さあ、今日も頑張ろう!

笑顔のために
高田馬場ファミリアにて、

森薫里カンテ教室発表会。

生徒の皆さん、とても頑張った。

リハーサルのたびに

どんどん上手くなっていく様子を

見てきているので、

とても感慨深い。

休憩をはさみ3時間にも及ぶ

長丁場にも関わらず、

充実した内容で、

客席もとても満足した様子でうれしかった。


2次会では、久しぶりにカラオケ屋へ。

振り付け付ピンク・レディーの曲連続で、

大いに盛り上がった!(笑)


発表会、打ち上げと、

笑顔に溢れた一日だった。
さすがに
飯田橋にて、

カンテ教室発表会のリハーサル。


本番を明日に控え、

終始ピリッとした空気がスタジオ内を包む。

ギリギリまで調整を終え、

あとは本番を残すのみ!

最終的には、

舞台上では楽しんだもの勝ち。

すべてを出し切り、

とことん楽しもう!



春先に行われる

別の教室の発表会のリハーサル。

久しぶりに会う、

ギタリストやカンテさんとの対面。

曲を合わせるごとに

いろいろとアイディアが浮かぶ。

これまた楽しみな仕事です。


さすがに一日7時間以上、

伴奏の仕事をすると、

両手の筋が痛くなってくる。

街のマッサージ屋さんへは

行った事がないが、

効くのかな?

とりあえず

今夜はゆっくりお風呂に入って、

休みます~zzz
たこ焼き
先日の話になるが、

お世話になっているフラメンコ教室の、

生徒さん宅でのパーティーに呼んでいただいた。

その名も

「たこ焼きパーティー」


久しぶりに手作りのたこ焼きを体験できるとあって、

二つ返事でOKしたのだった(笑)


たこ焼きを焼くのは小学生以来。

家族の懐かしい記憶。


初めは悪戦苦闘したが、

試行錯誤の末、

なんとか形になるものが出来た!


調子に乗っていくつか作ってみるものの、

上手になる頃には、パーティはお開きになる。

食事の後は、

お酒を飲みながら、

フラメンコの話から、

主婦ならではのお悩み?などなど、

とても楽しいひと時だった。


胃袋も心も満腹になった夜だった。


olive1.jpg
普通のチョコと思いきや・・・・。


olive2.jpg
なんと中身はオリーブ!
甘酸っぱくて美味しかった(*^^*)
目線
春先に向け、

パソコンなど周辺機器の環境充実を思案中。

音楽製作や事務作業に、

現存のノートパソコンでは

処理がしきれなくなってきた。

パソコンは学生時代に

自作した経験があるので、

今度も自作で。

パソコン自作は

大人のプラモデル、

と思うぐらい、

とても楽しい。

1つ1つのパーツが高いにもかかわらず、

機器の相性もあるので、

組み合わせたからといって、

うまく動作するとは限らない。

そのリスクが面白い(笑)

パソコン自作報告はまた。


年末に開催予定の

ギター発表会の構想を練る。

現在、10名ほど。

半数以上が女性だ。

ソロ曲あり、合奏曲あり、

ライブの最後は

フラメンコライブも考えている。

いろいろ構想が膨らむ。

ギターを身近に楽しもう!


発表会のリハーサルへ。

生徒さんの踊りを見ているとき、

意外と気になるのが、

「目線」。

足や上体を気にしたり、

間違えないように、

慎重になったりすると、

目が泳いだりする。

目線というのが実は大事で、

目が泳いだその瞬間、

自信がなさそうに見えたり、

踊りが小さく見えたりする。

なかなか意識しにくいが、

とにかく目立つものなので、

改善すべき大切な要素だろう。

何においても

「自然さ」

がとても大切!

「自然さ」が実は難しい。

ありのままに。

自然に、自然に。

まっすぐな人
スペイン人の友達を連れて一緒にランチを、

という誘いを受け、銀座へ。

歌舞伎座にて、

歌舞伎を見る予定だったので、

スペイン語で忠臣蔵の

説明をしようと思い、

前日に頑張って訳してみた(笑)


だが、待ち合わせ時間になっても、

スペイン人の友人が現れることはなく。

携帯電話もなかなか繋がらず、

結局歌舞伎を見ることは出来なかった。

後で分ったが、

どうやら携帯電話の通信トラブルらしい。

残念!

また日を改めて見に行くことにしよう。



埼玉、坂戸へ。

お世話になっている

パソコンショップ シェルジュのオーナー、

茂木さんと中華料理屋でディナー。

チャレンジショップという形から、

この春から独立し、

店を立ち上げるのだ。

その門出祝い。


茂木さんとはとても話が合う。

すべてを前向きに考える思考に

こちらも引っ張られる。

彼は、趣味である

車やパソコンの性能を

引き上げるのが得意だが、

ヒトの気持ちも引き上げてくれる。

楽しい時間でした!


茂木さんは夢と希望に満ちている。

まっすぐな人が好きだ。

フラメンコとフラダンスと
花粉が飛び交う今日この頃。

「花粉症予備軍」である僕でも、

さすがに目や鼻にキタsn

一応マスクをして過ごしているが、

花粉対策で何かいい方法があれば、

どなたか教えてください~汗とか


春先に向かい、

少しずつ、ライブが決まってくる。

夏にはフラダンスの全国大会での演奏も

決まりそうです。


そう、フラメンコではなく、

フラダンスです(笑)


そういえば、

先日も、ハワイアンバンド「ナーレイ」のライブを

見に行ったし、

それがご縁で、

ハワイアン・カフェでの演奏も

決まりそうだし・・・。

今年はハワイアンづいてるのかも知れない・・・。


何はともあれ、

いろいろな方面からお声がかかるのは

とても有り難いし、嬉しい。


今年も目標を持ち、

多くの方に自分の音楽を伝えられるように

頑張ります!!キラキラ
仕事帰りに
今年の初めに

スターウォーズにハマッてる

という記事を書いたが、

今もたまに、帰宅すると、

エピソード1~6までを

ランダムに選んで、再生。

この時間がとてもリラックスできる。

よく作りこまれた世界観は

観るたびに発見があって、とても面白い。


最近、

やらなきゃいけないこと、

やりたいことが多すぎて、

道に迷うこともがあるが、

少しずつ、

少しずつ。

着実に進もう。

大胆さ
ギターレッスン。

年末を目標に

発表会の準備を少しずつ、進めている。

ソロ、合奏、弾き語り、フラメンコライブなど、

盛りだくさんの予定!

・・・出来るのか?(笑)

頑張ります!



高田馬場で発表会のリハーサル。

怒涛の3時間はあっという間に過ぎる。

本番まであと1週間。

本来ならば緊張感の走る現場のはずだが、

和気あいあいとした雰囲気。

とても仲がいい。


生徒さんが踊ったり、

歌ったりするのを見ていると、

「間違えたらどうしよう」

「恥ずかしい」

という意識が先行してしまい、

振りが小さく見えたり、

声が小さかったりする。


結局は、

間違えを恐れない勇気

そして、

大胆さが必要だ。


少しずつ、少しずつ。

エスコビージャについて
踊りの伴奏をしていて

「足(エスコビージャ)がうまく打てない」

という悩みをよく受ける。


ひとつ確実にいえるのは、

足はリズムであり、音楽であるということ。

音量(ボリューム)、音色(トーン)、強弱(ダイナミクス)・・・。

踊り手は、同時に音楽家でなければいけない。


そして、物語(ストーリー)を作るということ。

起・承・転・結。

また2連や3連、4連のパソは

すべて同じ強さであってはいけない。

「副」と「主」を感じ、

どの音が装飾音で、どの音がメインか。

その力のエネルギーが

どこに向かっているか。

それらを意識するだけで、とても変わってくる。


伸び悩んでいる方は、お試しあれ!
バイオリンと尺八とピアノとギターとパーカッションと
3月28日に行われる

バイオリン山内達哉君

ライブのリハーサル。

編成は、バイオリン、ピアノ、ギター、ベース、パーカッション、尺八、

という面白い編成。

そう、彼は西洋楽器であるバイオリンに

尺八などの和楽器のサウンドを混ぜ、

独自の面白い音楽を生み出している人だ。


演奏曲も

山内君のオリジナル曲に加え、

チャルダッシュや

ツィゴイネルワイゼン、

ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)

などなど有名な曲ばかり。

ソロギターも演奏予定なので

お楽しみに!




山内達哉&ゆかいな仲間たち
~洋と和のコラボレーション~

2009年3月28日(土)17:30開場 18:00開演
町田市民フォーラムホール(町田市民フォーラム3F)

¥2,500(全席自由)

■楽器編成
ヴァイオリン:山内達哉
尺八:岩田卓也
フラメンコギター:池川寿一
ピアノ:小堺香
ベース:新戸崇史
パーカッション:notch

■主催・お求め先・お問い合わせ
オフィス魂HPをご覧ください
表参道ヒルズ3周年パーティー
表参道ヒルズ3周年パーティーでの演奏。

昨年お世話になった

洋食ミヤシタさんから話をいただいた。

招待客のみのイベントで、

さすが、ファッションの最先端だけあって、

みなさんオシャレ~!

僕も負けじと衣装で歩き回る(^^;)


本番は3ステージ。

すべて超大盛り上がりだった。

途中、音響が聞こえなくなるハプニングもあったが、

弟の機転で、無事に終わる。

さすが弟よ。


3ステージはあっという間だった。

フィエスタのように

盛り上がる場所での演奏は、

こちらも負けじとエネルギーが必要。

観客と一体となる感覚はとても気持ちいい。


演奏後は、お客様と語らう。

とても楽しいひと時。

演奏に感動してくれた方、

フラメンコを始めたいと思った方、

本当に兄弟なの?と疑う方(笑)、

いろいろな話題で盛り上がる。

2009年、これから4年目が始まる

表参道ヒルズ。

常に時代をキャッチし、

先端を追い求めるその姿。

そこへいるだけで、

感覚が研ぎ澄まされる。

そんな感じがする。

素晴らしい時間を

ありがとうございました!


omu.jpg
シェフが即興で作ってくれた
超巨大なオムライス!


lion.jpg
オムライス兄弟。
フラメンコライブ
吉祥寺スペイン料理屋

バル・デ・カンテにてライブ。

いつもながら、

店側の親切な対応に感服。

こちらから気付く前に

すべて対応していただく。

このようなお店には

なかなか巡り合えない。

加えて、観客のノリもとてもよかった。

このようなお店での演奏は

特に気持ちがいい。 

演奏後は、

スペインシャンパンである

カヴァと、

タパを数種類いただく。

どれもとても美味しい!

寒い夜空に

とても暖かな夜だった。

tapa.jpg
寒さ対策
都内では雪が積もるなど、

とにかく寒い一日だった。

ギターを弾いても手がかじかむ。

暖房が効いてないんじゃないか、

と思うぐらい。

そんな日は、

逆に外へ出て、

自転車で家の周りを散策。

1時間ほどペダルをこぐ。

完全防寒のおかげで

身体は暖かいが、

今度は顔が凍った(笑)

仕方ないので、

風呂につかる。

温まった隙にギターを弾く。

なんとも、寒さに泣いた一日だった。

夢の島へ「おくりびと」
新作CDの構想を練る。

マイクテストをしながら、

軽くフレーズを積み重ねる。

出来てきた断片を少しずつ固める。


久しぶりに赤坂にある実家へ。

部屋を片付けるたびに

面白いものが出てくる。

今では化石となったノートパソコンや

昔のイタイ写真たち(笑)

手を合わせながら、

夢の島へ「おくりびと」(笑)。


高田馬場で発表会のリハーサル。

怒涛の3時間。

リハーサル後、

先日のマルワ・コンクールでお世話になった

小林泰子さんとすれ違う。

日本のフラメンコでは数少ない、

繊細で微妙なニュアンスから、

爆発的な部分までを表現できる人。

そのダイナミクスがすごい。

踊ってるときと違い、

話す泰子さんは

いつも元気で明るい人だ。

エネルギーをもらう。


その後行った居酒屋では、

なぜかラーメンの話で盛り上がる。

僕のオススメのラーメン屋は

我が青春の味、

ラーメン二郎(三田本店)

赤坂で友人を誘うなら、

一点張(赤坂)


食べ物の話になると、

皆、話題は尽きない。


人間の持つ、

食べ物への執着は

無尽蔵だ。

このエネルギーを

フラメンコに転換できたら

面白い、

かもしれない・・・。
一日署長
地元の友人が消防署の

一日署長を勤めるというので、

式典へ見に行く。

友人は芸能人でも

アイドルでもなく、

普通の女の子。

一般市民でも

一日署長に選ばれるのだ。

友人の凛とした姿に

微笑みを覚える。


その後、恵比寿へ

発表会のリハーサル。

生徒さんの踊りが良くなってきた。

やはり「イメージ」は大切である。

イメージはリズムにつながり、

リズムは振りにつながる。

ただ、振りだけ踊っては

「型なし」になってしまう。

潜って、沈んで。

もがいて、苦しんで。

感情が、

思いが、

解放される瞬間。

その一点に、

すべてを込めて。


いやはや、奥が深い・・・。

 ようこそ!

↓ はじめてここを訪れた方へ ↓

フラメンコ解説サイト


無料メールマガジン
【明けても暮れてもフラメンコ】

メルマガのみの連載など、多彩なコンテンツを毎週提供しています。


↓ フラメンコに触れてみよう! ↓

フラメンコギターデュオ池川兄弟

ライブ情報、CD案内など


↓ ギターを弾いてみたい! ↓

フラメンコギター
レッスン教室案内



女性のためのギター講座

踊って歌ってギターも弾いて!
無料オンラインギター講座



↓ フラメンコの歴史と魅力 ↓


フラメンコの歴史と魅力を解説

 リンク

 高齢者のためのフラメンコ

 フォーム

管理画面

 RSSリンクの表示

 検索フォーム


copyright 2005-2007 Flamenco Guitar 池川寿一 Ikegawa Toshikazu Blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。